シュレディンガーのななふく

重ね合わせの中で生きる人のちょっと長い話

62|当事者の見る世界

以前、この記事を見たのに加え、何やかんやで発言したい欲が高まったので記事にしてみた。

 

@qoo_11さんのツイート: https://twitter.com/qoo_11/status/992736200946434048?s=09

 

前にも言ったように、私はLでもGでもBでも、厳密にTでもないが、性自認が不安定であるという特性があり、いわゆる性的マイノリティに分類される。

普段は30%(7割男性)~50%(中性)~80%(8割女性)くらいの性自認で揺れ動くことが多いが、しばしばそれを外れることもある。オスの身体であるため普段は男子学生として生活することが多いが、85%を超えるとそうもいかなくなる。違和感しか感じない。要はトランスジェンダーに近い状態になるのだ。

昨年の12月28日のことである。この日は所用で大阪に来ていたのだが、この日の性自認は異常だった。94%。これを前提として考えて欲しい。

非難を承知で言う。朝6時の御堂筋線に梅田から乗り込んだ。何も違和感はなかった。そこは女性専用車両だった。

降りる予定だった天王寺の直前で少し男性人格が優位になったのだろう、ここでようやくおかしなことに気づいた。

間違えて乗ったという感覚はなかった。自然な流れで、あたかも当然のようにである。もはやそこには身体の性の自認さえほとんどなかった。

同日、心斎橋のアメリカ村にも寄った。何もすることなくぶらぶら歩いていたら、キャッチがこう声をかけてきた。

 

「そこの『お兄さん』、寄って行きませんか?」

 

後ろを振り向いた。誰もいない。そしてこの『お兄さん』が私の事だと知った瞬間、猛烈な違和感となんとも言い表せない感情に襲われた。この時点の性自認も90%超えである。こんな感覚に襲われたのは初めてであった。

 

すべてのトランスジェンダーがこのような思いをしているのかと聞かれれば、必ずしもそうだとは言いきれない。当然といえば当然である。しかし、きっと似たような、あるいはそれ以上のつらい思いをする人も多いと思う。

 

そんな中で例が上がるのは冒頭で述べたトイレの問題。幸いなことに(?)この日は何故か夕方に男女兼用のトイレの付いたバスに乗り込むまでトイレにお世話になることはなかったが、もしこのような状況下でトイレを使うことになったら……。

先ほども述べたように、猛烈な違和感に襲われるため、身体の性別に合わせた行動はまずできない。かといって逆の選択をすると面倒なことになる(なぜか朝の御堂筋線の一件ではこのようなことにならなかったのが救いである)。では間を作ればいいという発想になるのだが、少し考えて欲しい。

 

現実の問題としてら少数派は迫害される。少なくとも、「こうすると浮く」とか「同じじゃないといじめられる」などといった考えを持つ人がほとんどだと思う。

性的マイノリティは特に迫害されることが多く、無意識のうちに生理的な嫌悪感を抱く人も多いのが現実である。性的マジョリティにとっては「意味がわからない」世界だからであろう。

今でさえその話に関してはオープンだが、自分が性的マイノリティの立場にあることを確信したのが昨年の11月頃で、その日を含め1ヶ月か2ヶ月は誰にも言えない時期があった。なけなしの友人を失うかもしれない、大学にいられなくなるほどの迫害を受けるかもしれない、といった恐怖感があったのだと思う。

しかし、私のようにオープンになれる人が全てでは当然、ない。直前に言ったような恐怖感に限らず、何らかの理由でオープンにできない人がほとんどだと思う。厳しい言い方にはなるが、その程度は言われなくても、少し考えるだけで気づいて欲しかったというのが正直なところである。

 

以上が私の実体験をもとに、私の立場から述べた意見である。実際、私の大学や近くの地下鉄駅では、多機能トイレを誰でも使えるトイレとして解放していることがある。現に、性自認が80%を超えたときには私も使うことがあるのだが、性的マイノリティ用のトイレとしての扱いにするより数万倍使いやすい。この対応が当たり前になって欲しいと切に願う。

59|おっぺしゃん

今日はおっぺしゃんに行ってきた。そのたびに気になるもの、

f:id:P14:20180424003110p:plain

1:アンケート用紙

これである。

選択肢が極端だったりベクトルがおかしかったりする(伝われ)など、突っ込みどころが多いのだが、やはりこのブログの趣旨として突っ込むべき所はやはり右上の性別欄だろう。

過激派なので「その他」の選択肢がないものは無記入で通したりすることがあるが、今回は「いずれかに○をつける」形式ではなくこのように人数を書く回答形式なので、大喜利がてら少し考えてみることにした。

まずはこちら。

f:id:P14:20180424011400p:plain

2:身体の性別(sex)に合わせる

いやしかし、高々アンケートごとき(失礼)に身体の性別の概念を持ち込むのって何か違くないですか。どこがおかしいかっていうか病院の問診票でもないのにっていう感じ(伝われ)、いやそもそもどちらかといえば少し女性寄りの性自認なのでなんとも言えぬしあああああああああ(ここでフリーズする)

ならば、次はどうか。

f:id:P14:20180424011403p:plain

3:性自認(gender)に近いものに合わせる

確かに少しは近づいた・・・のだが、何か違う。いやそもそもアンケートにおける性別って、どの概念を求めているのかわからないんですよ本当に。アンケートをとって統計をとりたいっていう時にはたして顧客の「身体の性別」の情報を大まじめに求めているのか、あるいは「性自認」の多様性を認めて実際の「身体の性別」の統計からズレた値を許容していいのかどうか、いろいろ考えるとやはりどう答えたらいいのかわからなくなるんですよね。

そこで、こうしてみる。

f:id:P14:20180424011406p:plain

4:人数の情報だけ書く

あるいは、思い切って

f:id:P14:20180424011410p:plain

5:「不定」あるいは「他」に訂正する

なんてこともできる。もしかすると次回以降性別欄として「その他」が増えていたり、あるいは単に人数だけを答えさせる形式に変わっていたりするかもしれない。それはワンチャンある。

では、この答えはどうか。

f:id:P14:20180424011413p:plain

6:「重ね合わせ」であることを数字で表した

私は男人格と女人格の重ね合わせだから、半分ずつだよね、という考え。これはアリなのだろうか。まあナシなんでしょうけど。

また、さらには

f:id:P14:20180424011417p:plain

7:性自認の割合をそのまま表した

・・・などということもできなくはない(なんだよ0.41人って)。しかし、当然と言えば当然なのだがこれが(今の)私の正確な性別に最も近いものなのだ。だが、統計を取る側としては「は?」となるだけである。難しい話ですね。

というわけで散々言ってきたことではあるが、性別を2つに分けてしまうのはいささか無理があるといえる。私のようにどのように答えるか迷う人は必ず出てくるはずであるからだ(現に私が困っているのだから)。

まあくだらない話でしたが、少しでも考えるきっかけになれば嬉しいです。ここまでつきあって下さった皆様、ありがとうございました。

それでは、ごきげんよう

 

67|何度目のブログだろうか

はじめまして、TL上の皆さんはこんにちは、ななふくです。

ブログは中2以来7年ぶりです。

某フォロワーの影響で再開した、というのもありますが、実は前々からブログをもう一度やろうという構想はありました。

それは何故なのか、その前に軽く自己紹介します。

まずブログの名称からわかる人はわかると思いますが、私は現在様々な重ね合わせの状態にいます。

主なものひとつめ、学科について。元々私は気象学および地球物理学を学ぶために宇宙地球物理学科へ行こうとしていました。しかし昨年9月に学科配属に失敗し、行きたくもない物理学科に配属が決まりました。正直生き地獄です。やる気を失った私は自棄になってまともに授業を受けずに2年後期で16落単しました。そんな中精神を病んだ私はカウンセリングを受け、そこで地圏環境科学科の研究内容を知りました。今はその学科への転学科をするため、物理学科の3年でありながら必修科目を切って当該学科の2年前期の授業を受けています。つまり、私は物理学科3年であり、地圏環境科学科2年でもあります。転学科に成功したら秋から正式に2年になります。留年です。つらいですが、やりたいことに少しでも近づけるのなら、それでいい気がしてきました。

次にふたつめ、かなり敏感な話になるのですが、私のジェンダーについてです。皆さんは「身体の性」と「性自認(いわゆる心の性)」について、どう考えているのか正直わかりませんが、おそらく私の両者の関係は、ほとんどの読者のものと比べてかなり複雑です。身体の性は男です。身長も178cmあります。しかし性自認はそうではありません。私は学ランを着て力強く腕を振る部活に入っていますが、それがしっくりくるときと、それよりもむしろ派手な振袖に袴を着て、SNOWで友達と自撮りをしたりするのがしっくりくるときとがあります。スイッチ的なものが入る感覚がたまにありますが、一切制御はききません。少なくとも1日単位、下手したら数分単位で揺れます。つまり、大雑把に言えば詰襟男子と袴女子との重ね合わせでもあります。ふだんは部活のジャージやパーカーなど、中性的な格好で生きていますが、自分が一体何者なのかさっぱりわからなくなることもたまにあります。まあどの性自認でも楽しいときは楽しいんですけどね。ちなみに、これからブログの記事タイトルの左側の数字に執筆時の性自認を表していきます。Twitterのものと同様、数字が大きいほど女性寄りとなります。

さて、このふたつに関してはTwitterでもさんざん言ってきましたが、どうしても鬱ツイートをいくつも垂れ流したり、クソまじめなつまらぬ持論を10ツイート以上にわたって連投したりするのでどうしてもタチが悪いですし、フォロワーが減る原因にもなります(まあ合う合わないで淘汰されていく過程とわきまえていますが)。よって、その2点(たまに+α(α>0))については主に字数制限のないこのブログにぶちまけたいという構想のもと、この手の話をするツールとしてはてなブログを選びました。もし興味があればフォロー(?)するなりブックマークしたりするなどお願いします。

URLは簡単に覚えられるよう(覚える人なんていないか)とりあえずシンプルにしました。14.hatenablog.jp (じゅうよんドットはてなブログドットジェーピー)です。14に特に意味はありませんが、ななふくの「なな」を倍にしたと考えてもらえればいいです。どうでもいいですね。

以上、酒に酔った勢いで書いた文章でお見苦しいところはあると思いますが、どうぞよろしくお願いします。また何か以上2点に絡むようなネタがあれば、大真面目に執筆したいのでその時にまたお会いしましょう。

それでは、ごきげんよう